静岡県浜松市の中古ピアノ修理工房 ピアノクリニック浜松

TOPページ メールでのお問合せ

ピアノクリニック浜松は中古ピアノの修理・再生業務に特化し、高い修理技術で県内外のピアノ修理を行ってまいりました。他の修理業者様では断られたピアノであってもまずは一度ご相談ください。ご家族の大切な思い出を美しく蘇らせるため、プロとしてのご提案をさせていただきます。

ピアノ修理メニュー 気になるピアノの不具合・・音程のずれ、タッチの違和感、外装の傷みなど、プロのメンテナンスにお気軽にご相談ください。ピアノの部品は複雑に連動しているため、不具合にも様々な原因が考えられます。簡単なメンテナンスで対処できることもありますし、パーツ交換やオーバーホールなど、早期の対応を要する場合もあります。まずはご連絡くださいませ。
       
ピアノ修理メニュー クリーニング
クリーニングにおけるすべての作業は熟練した職人の丁寧な手作業によって行われます。目の粗いものから細かいものまで様々な種類の研磨紙を使い分け、専用の電動工具等も使い美しい輝きを蘇らせていくのです。外装のくすみやヨゴレは除去され、丁寧に磨かれます。ペダルや銘板など金属部分も磨き上げ、ピアノ本来の美しさと輝きを取り戻します。

アップライトピアノクリーニング 工房入れ ¥35,000〜(運送費用別途) 税別
出張 ¥30,000〜 税別
グランドピアノクリーニング 工房入れ ¥45,000〜(運送費用別途) 税別
出張 ¥40,000〜 税別
外装の塗装・キズ補修・ペダル磨き
外装の剥がれ  鍵盤蓋のキズ  ペダルの傷み  研磨紙
消音ユニットの取付
お持ちのピアノに消音ユニットを取付けることで、夜間でもご近所の迷惑にならず、思いっきり自分の好きな時間に演奏を楽しむ事ができます。

お持ちのピアノ品番が消音ユニットの後付けに対応しているかどうかということ、消音ユニットの取付費用などについてはお気軽にご相談くださいませ。

消音ピアノユニット
ピアメイト SPR-8000 (日進エレクトロ株式会社)
ピアノの調律・整調・整音
一台のピアノを構成する部品の数はおよそ8,000〜10,000個。それらが組み合わさって響き合い、美しい音を奏でます。しかし本来は美しい音色でも、ピアノの音は時と共に下がり、音程に狂いが生じていきます。

ピアノの音程に狂いが生じる理由は大きく二つ、ひとつは温湿度環境の変化によるもの。金属部品は温度の変化によって膨張・収縮し、木製部品は湿度の変化によって影響を受けます。ゆたかな四季の日本の環境が、絶えず音の狂いを発生させているのです。

ピアノの音程に狂いが生じるもうひとつの理由は構造的なもの。ピアノの弦には常時20tとも言われる大きな荷重がかかっています。これをそのままにしておくと、緊張を解こうとする働きによって弦がゆるみ、音が狂っていきます。 このように、ピアノは定期的な調律(メンテナンス)を前提とした楽器なのです。

ピアノ調律
アップライト ¥12,000〜(税別)
グランドピアノ ¥15,000〜(税別)
ピアノのオーバーホール グランドピアノのオーバーホール グランドピアノのオーバーホール(Overhaul)とは、弦、調律ピン、ハンマー、ダンパーフェルト等の部品をすべて新しいものに交換し、製造当時のコンディションに近い状態まで可能な限り回復させ、本来の響きを蘇らせることを言います。

グランドピアノの部品点数はおよそ10,000にも及びます。その構造に精通し、確かな技術と経験を持った楽器職人でなければグランドピアノのオーバーホールはできない修理です。メンテナンスの必要なグランドピアノがあれば、ぜひピアノクリニック浜松におまかせください。経験と実績に裏打ちされた確かな技術でサポートいたします。
   
1.まずは大屋根を外します。さすがにグランドピアノは大きい・・・。
 
2.弦などを取り外し、コンディションをチェックしていきます。
 
3.フレームを外します。フォークリフト&三人がかりで慎重に。
     
   
4.取り外したフレームです。だいぶくすんだ色になっていました。
 
5.チューニングピンを一本一本はずします。響鳴板がかなり汚れている・・。
 
6.響鳴板を研磨します。
     
   
7.響鳴板がピカピカになりました。
 
8.アクションです。右半分は交換前の状態、かなり傷んでいます。
 
9.左が交換前のハンマーヘッド、すっかり摩耗して打面が平らになっています。
     
   
10.すべて交換してピカピカに。こちらはアベルのハンマーヘッドです。
 
11.今度は響鳴板を塗装していきます。
 
12.元の美しい状態によみがえりました!
     
   
13.フレームの古い塗装を除去し、防錆塗装を施していきます。
 
14.錆止め完了。
 
15.防錆塗装したフレームを、今度は金粉で塗装していきます。
     
   
16.金色の美しい輝きを取り戻しました。  
17.側板の塗装&研磨を行います。浜松市のピアノ塗装技術は全国でも指折り。
 
18.フレームを元の位置に納めます。ゆっくり、ゆっくり、慎重に・・。
     
   
19.チューニングピンを一本一本取り付けていきます。
 
20.長かったオーバーホールの工程も、あともう一息です。
 
21.弦を張り直し、調律します。
     
   
22.独・レスロー社のワイヤーに張り替えます。(スタインウェイと同じ弦です)  
23.鍵盤とアクションを元の場所に戻します。
 
24.ついに完成!完璧な状態に仕上がりました。
オールドピアノ修理 オールドピアノ・修理前 たいせつな思い出がいっぱい詰まっているピアノの場合、お金のこと(効率)より、愛着の方が勝り、古いピアノをさらに長く愛用したい方もおられます。昔作られたピアノは良い材料で丁寧に作られたものも多く、一見すると修理が不可能に見えても、オーバーホールすることで息を吹き返し、みずみずしい音を奏でるピアノに再生できることが多いのです。

とくに基本的なボディーと響板がしっかり作り込まれている高級ピアノ、特にヨーロッパ製のオールドピアノ・ビンテージピアノなどは、設置環境に配慮しながら40年〜50年経過した時点で、消耗品を修理メンテナンスしてやれば、さらに同じくらいの年月を快適に愛用することもできると思います。

先だって当社でも100年前のBluthner(ブリュートナー)を修理メンテナンスさせていただきました。 Bluthnerのロゴの下には「Leipzig」(ライプツィヒ)と入っています。

ライプツィヒはドイツの都市で、いくつかのピアノメーカーを擁する音楽の街で、バッハが晩年、オルガニストとして活躍していたことでも知られています。 浜松も、もっと世界的な音楽の街として知られたら嬉しいです。当社も音楽の街・浜松のピアノ工房として、日々確かな技術を磨き、皆様からのご要望にお応えできるよう努力致します。
   
     
   
     
   
     
   
     
   
     
   
     
   
     
   

少し変わったデザインで塗装しました。

東京の楽器店さんからの依頼で入庫したピアノです。下前が焦げてしまっていて、化粧板を貼り替えなければ綺麗にならないのですが、予算が無いとの事で、苦肉の策ですが少し変わったデザインで塗装させてもらいました。

艶ありマホガニーのピアノを塗装修理しました。

東京の楽器店さんからの依頼で入庫したピアノです。パッと見黒いピアノに見えますが、元々は艶ありのマホガニー色のピアノです。塗膜を全て剥がしてから塗り直して、元の艶ありマホガニーのピアノに生まれ変わりました。

フルコンサートピアノをオーバーホールしました。

愛知県のお客様よりご依頼を頂き、大正元年製のオールドピアノを復元修理させて頂きました。製造は「日本楽器製造株式会社」で、ヤマハの前身に当たる会社です。ロウソクを立てるための燭台や彫りの意匠などが施されており、当時の時代を思わせます。内部機構・外装ともに復元修理、完成致しました。

 

大正元年製の燭台付きピアノを復元修理しました。

東京の楽器店さんからの依頼で、フルコンサートピアノのオーバーホールをしました。

お客様の修理依頼で入庫したトイグランドピアノです。今販売されてるカワイのトイグランドピアノの試作品らしく、珍しいピアノを修理させて頂きました。(画像をタップすると拡大します) New!


東京の楽器店さんからの依頼


 

東京の楽器店さんからの依頼


 

お客様から修理依頼のカワイのトイグランドピアノ


 

東京の楽器店さんからの依頼


全塗装
 

オオハシ・ウォルナット艶あり


➡ウォルナットグラデーション艶消しに
 

東京の楽器店さんからの依頼


マホガニーからダークウォルナットに色変え
 

東京の楽器店さんからの依頼


オオハシ
 

今回も東京の楽器店さんからの依頼


チェリー色を濃くしてグラデーション塗装に。
 

東京の楽器店さんからの依頼


ウォルナットの艶あり→チェリー調の色替え塗装後
 

東京の楽器店さんからの色変え依頼


チェリー調濃淡塗装後
 

楽器店さんからの修理依頼


塗装後
 

グランドピアノの脚


塗装後
 

ジョンブロードウッド 黒


黒 全塗装
 

STEINRICH 黒艶あり


ウォルナット艶消しに変更
 

OHHASHI ダークウォールナット艶あり


旧塗膜剥離、木地塗り艶消し色替え
 

ディアパソン 黒艶あり ストレート脚


ダークウォールナット艶消し、猫脚に変更
消音キット取付
 

ヤマハ 戦前のピアノのリフォーム


リフォーム後
 

ディアパソンNO125黒色艶出し塗装


旧塗膜剥離、木地塗り艶消し色替え
 

イースタインB型マホガニー艶出し

旧塗膜剥離、色替え艶消しグラデーション仕上げ

中古ピアノ販売メニュー 中古ピアノ販売メニュー

       
カスタム・オーダーメイド カスタム・オーダーメイド カスタム・オーダーメイド ピアノのまち浜松のピアノ工房 古くなった大切なピアノを子供にも弾かせてあげたい…オールドピアノをもう一度蘇らせたい…お問合せくださいませ 24時間受付メールでのお問合せはこちらから